読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろやん☆ワールド

「人生を楽しく!やりたいことをやろう」そんな人のためのブログ

ブログ1カ月目の総括と今後の抱負について

どうも!人生限界ブロガーくろやんです! 「くろやん☆ワールド」の運営開始から1カ月が経ちました!! 早いものですねぇ~ この1か月間、わいの生活リズムの中の一つにブログというものが大きく関わるようになり、行動や思考の一部にも変化が訪れるようにな…

他人の目を気にする必要はない!ある病気にかかり、皆さんに伝えたい事

どうも!くろやんです。 GWも終わり、あと1カ月もすると梅雨の時期、そして本格的な夏になりますね! この前は30度近くまで気温が上がり、急いで衣替えをしました。 こうなってくると気になるのが汗とか体臭ですね。 ところで、皆さんは「精神性多汗症」…

多重債務者、銀座高級デパート練り歩きの巻

どうも、多重債務ド貧民ブロガーくろやんです。 億万長者を目指す者として、多少は上流社会について学ばねばならないという事で、GWの休み期間を利用して、ある場所に向かいました。 銀座でーす。

ドイツの風俗「FKK」は人生の楽園?!ホテル代わりに一晩を過ごした時の話

どーも、旅行大好きブロガーのくろやんです。 去年の5月、ドイツに行きました。

お金持ちになりたい!成功したい!と思う人はドラマ「お金がない!」を見てほしい【ネタバレ注意】

「お金がない!」というドラマをご存じでしょうか? 多額の借金を抱え極貧生活を強いられている織田裕二演じる萩原健太郎が一流企業で活躍し成功を収めていくサクセスストーリーです。

非正規雇用者を見下す正規雇用者のバカどもへ

非正規雇用者を見下す風習がある。 正規雇用社員より安い賃金で働き、企業側の雇用の調整弁として扱われることが多い非正規雇用者はなぜか身分として下に見られているということです。 日本には身分による階級制度は存在しません。 一体正規雇用者の何が偉い…

わいが体験したブラックバイトのすべてを紹介します

くろやんです。 学生時代はとにかくお金が無く、アルバイト漬けの日々を過ごしていたわけですが、一度超絶ブラックバイトに入ってしまったことがあります。 おそらく様々なブログでブラックバイトやブラック企業に関する記事を見たことがあると思いますが、…

親に人生を縛られていると感じているひとへ

くろやんです。 一人暮らしを始めて5か月が経とうとしています。 自分の部屋を「くろやんランド」と名付けて現在、テーマパーク化を進めています。

【大学生向け】大学生活を充実させるために必要なこと

くろやんです。 実は今大学構内にあるカフェスペースに来ています。 わいの出身大学であるのと、年齢の割に精神年齢・ファッションが大学生レベルもしくはそれ以下なためうまく溶け込んでいます。 新歓時期なのか、日曜なのに多くの大学生がいます。 みなさ…

人口ピラミッドに疑問を感じていたら、驚くべき事実が判明した

地理が得意教科なくろやん君にも一つ、疑問に思っていることがある。 ちょっとこのグラフを見てほしい こいつは人口ピラミッドである。 学校で社会の勉強をしていたら必ず目にするグラフで、皆さんもご覧になったことがあるだろう。 ピラミッド型、釣り鐘型…

初めての海外一人旅に香港がオススメである3つの理由

どーも、旅行代理店に勤めていたことがあるくろやんです。 世界一周が夢の一つで、様々な場所にとにかく行ってみたいと常日頃思っています。 皆さんも海外旅行には少しは興味があると思います。 その中でも、醍醐味の一つは海外一人旅だと思います。 一人旅…

挫折して失敗して、、それを生かさず今を頑張れない人になるな

都心オフィス街のとある意識高い高いルームに来ている。 前回の記事で、ふざけながらも将来の夢を電脳世界にダイブさせたので、口だけじゃないんだよというところを証明せねばと思い、はるばる東京西部から来た。 改めて自分の年齢を振り返ってみると30歳ま…

将来の夢を一流スポーツ選手風に宣言してみる

どーも!ネット義経ことくろやんです。 ネット義経とは・・・ネット弁慶の上位互換。弁慶は義経に敵わなかったことから由来 ネット世界では自分を強く出すことが出来ます。ここでは何とでも言えます。 「億万長者になる」とか「世界一周する」という夢を恥じ…

一人暮らしの働く独り身男女必見!日々のストレスを解消する最強グッズを紹介するよ!

おめでとう!! この記事を見ている人はもう、日々のストレスで悩む必要は無くなったんです。 日々お仕事お疲れ様です。 わいも社会人だった頃は日々の業務に追われ、帰宅してすぐベッドインといった感じでした。

自己紹介とこのブログについて

皆さん!はじめまして!くろやんです! 「くろやん☆ワールド」にご来場いただき誠にありがとうございます。 このブログを初めて見に来た方にまずは自己紹介をしたいと思います。