くろやん☆ワールド

「人生を楽しく!やりたいことをやろう」そんな人のためのブログ

自己紹介とこのブログについて

皆さん!はじめまして!くろやんです!(※右がくろやん)

 

f:id:suwajiland:20170707071408j:plain

 

「くろやん☆ワールド」にご来場いただき誠にありがとうございます!!

 

このブログを初めて見に来た方にまずは自己紹介をしたいと思います。

 

 

今後いろいろな記事を書いていきますが、まずはくろやんという人物がどういう奴かわかればいろいろな記事を見るときに役に立つ(?)かもしれません。

 

 

 

 

◆自己紹介 ~くろやんのすべて~◆

 

◆簡単な経歴◆

名前:くろやん(ブログ内一人称はわいです。現実世界では使いません)

生年月日:1991年3月10日

出身地:愛知県名古屋市

現在地:東京多摩

出身大学:中央大学

職業:フリーター

趣味:旅行・サッカー観戦・漫画読むこと(たまに描きます)・You Tube鑑賞

 

◆詳細な経歴◆

 

わいことくろやんは現在26歳になります。彼女いない歴は26年

典型的な彼女いない歴=年齢の非モテ

 

出身は愛知県名古屋市

生まれてしばらくは隣の春日井市に住んでおりました。以降大学進学の為東京に上京するまでの20年間名古屋で育ちました。

 

f:id:suwajiland:20170720134206j:plain

 

 

名古屋といえば!!!

 

 

味噌カツきしめん・ひつまぶし・手羽先・台湾ラーメンetc

 

観光名所は少ないかもしれませんが、おいしいものがいっぱい!

とても住みやすい街です。

 

名古屋グランパスのファンです!目指せJ1復帰!

 

とにかく、地元を愛しています。

再開発著しい名古屋をこれからも盛り上げていきたいので、わいもその一役をこのブログで果たせていければと思っています。

 

 

現在は東京在住

大学進学とともに、東京へやってきて早6年目。こちらでの生活にはもうすっかり慣れてしまいました。刺激的な街です。

 

職業はフリーター。

大学卒業後、一度就職しましたがやりたいこととのズレを感じ1年で退職。自宅の近くでアルバイトをしています。

 

 

今年4月からはあんちゃさん、るってぃさんが主催している”ヤるサロン”に

所属させていただいています。

 

camp-fire.jp

 

ブログの知識もライティング能力も無い自分が、「個人で稼ぐ力」を身に着ける

ために日々仲間と共に切磋琢磨しています。

 

 

趣味は旅行・サッカー観戦・漫画を読むこと

 

旅行は国内外問わず様々な場所に行っています。

国内は南は沖縄、北は北海道。ただ、すべてを制覇したわけではありません。

 

東北はまだ未上陸。四国も九州もまだ少ししか踏み入れていません。

 

海外はアジア・ヨーロッパに渡航歴があります。

 

 

1996年7月 オーストラリア(初海外 家族旅行 2都市周遊)

2014年3月 韓国(1回目 ソウル 母と)

2015年3月 香港(1回目 初一人旅)

    7月 台湾(1回目 台北 妹と)

     11月 香港(2回目 大学の友人と)

2016年5月 ドイツ(1回目 南部周遊 バイトの仲間と)

      韓国(2回目 ソウル 母と)

2017年3月 台湾(2回目 台北 大学の友人と)

    6月 台湾(3回目 台北 大学の友人と)

 

貧乏人なので近場しか行けてません。

もっと一人旅したいですね。

 

 

サッカーは代表戦をメインに観戦しています。

ロシアワールドカップは是非生で観戦したいですね。なので日本代表のW杯出場を全力で応援しています。

 

漫画は読むのも描くのも好きです。

絵は上手くありませんが、話には自信があります。

 

 

コミケに自作漫画を出してみたいと思っています。画力あげていきたいですね。 

 

 

 

 

そして、 多重債務者です。

 

原因は複数あります。

詳しいことはこの記事を参考にしてください。

 

www.kuroyan-world.com

 

 

www.kuroyan-world.com

 

 

 

◆生い立ち◆

 

幼少時代  ~何事にも興味を持つ子供時代~

 

物心が付いた時には電車や飛行機や魚などに興味を持ち、図鑑本を開いていたみたいです。

父の勤める会社の社宅に住んでおり、周りの同世代の友達とよく遊んでいました。

 

家族旅行ではいろいろな場所に行き、本当に幸せな日々を過ごしていました。

 

 

 

 

小学生時代 ~問題児認定そして人生で一番勉強した時代~

 

小学2年で名古屋に引っ越す。

以降20歳まで名古屋で暮らすことになります。

 

小学校時代のわいは人の話を聞かない、授業中に騒ぎだしたりとかなりの問題児でした。

先生にはいつも怒られ、教室から締め出されていました記憶があります。

 

 

小学3年生の時に、父の転勤により尼崎に引っ越しましたが、半年で名古屋に戻ってくる。覚えた関西弁はすぐに忘れました。

 

 

小学5年生になると、中学受験のため進学塾に入塾。

そして今までの人生のなかで一番勉強する時期に突入します。

 

このころの女性関係は特に何の不自由もなく、クラスの女子とは普通に会話ができる

まあ普通の男子でした。

 

 

 

中高時代 ~男子校生活 サッカーに夢中になった6年間~

つらかった受験期が終わり、愛知県内では知らない人はいない市内の私立中高一貫校に進学。男子校です。

 

サッカー部に入部し、サッカー漬けの日々。

サッカーに興味を持ったのは小学6年の時にあった日韓ワールドカップの影響と名古屋グランパスの存在でした。

 

成長期ということもあり、身長は中学3年間で25センチも伸び、体力も基礎運動能力も爆上がりしました。

 

 

しかし、青春期の貴重な6年間を男子校生活に費やしたこともあり、同年代の女子との会話はこの時期一切しておらず、極度の女性恐怖症を発症。女子とは無縁の生活を過ごす。

 

 男子校という監獄で、甘酸っぱい学生恋愛というものは皆無でしたが、高校時代に流行っていたブログ経由で幼馴染と再会し、恋に落ちました。

 

ブログでしか交流していなかったため、リアルで再会するのはもう少し後になりますが、とにかく彼女に自分をもっと見てもらおうと、毎日日記を書いていた記憶があります。

 

 

 

ちなみに、学業では自由な校風に流され、毎日授業はサボる、寝る、隠れてゲームをするなどで成績は常に底辺。しかし得意科目だった地理は常にトップでした。

 

 

 

暗黒時代 ~2年の浪人生活と失恋~

学業が疎かになっていた高校時代のツケを被り、希望の大学には不合格。

浪人生活を送ることになりました。

 

浪人率の高い学校だったため、1年目は同級生と相変わらず遊んでばかり、もちろん

そんな日々が続いていたためまたしても大学受験に失敗。泥沼の2年目に突入。

 

 

そして2年目、ついに初恋の相手に告白。

しかし、断られあえなく大失恋。

 

15年もの間想い続けていた子との失恋の傷は相当深く、毎日苦しんでいました。

そして大学受験のほうでは結局志望していた大学には合格できず、別の大学へと進学することになります。

 

ちなみに、この時期に両親が離婚。母と妹と共に進学先の大学がある東京へ引っ越す。

 

ここで、一つ目の挫折と困難を味わいました。

努力しないと変えられない未来があるということを思い知らされた時期です。

 

 

 

大学時代 ~様々な出会いの中での充実した4年間~

大学では漫画研究会に所属。さまざまなバイトを経験。

ゼミやインターンにも積極的に参加し、各方面で様々な人とのつながりがあり、充実した4年間を過ごす。

 

中高浪人時代ではまったく交流のなかった女性との付き合いも徐々に増え、恐怖症の症状は軽減されました。(それでもまだコミュニケーションに障害が生じるが・・・)

 

バイクの免許を取って趣味にバイクツーリングが加わる。

大学時代に行った海外は韓国・香港香港は卒業を控えた3月に一人旅で行きました。

 

 

f:id:suwajiland:20170413113653j:plain

 

f:id:suwajiland:20170413121356j:plain

 

 

社会人時代 ~1年で終わったサラリーマン生活~

大学卒業後は旅行業界に就職。営業マンとして日々働いていました。

同期にも恵まれ、日々忙しい生活を送る。

 

 

しかし、夏ごろから自分のやりたいこととのズレを感じ、このままでいいのかと疑問に思うようになる。

 

結局会社を1年で退職し、特にやりたいことを探すこともなくフリーターになる。

 

 

この1年間で学んだことは多く、同期からは刺激を受け、先輩からは業務の知識、営業スキルを教え込まれ、上司には仕事に対する考え方、生き方を教えていただきました。

 

たった1年間の社会人生活でしたが、決して無駄な時間ではなく、多くのことを学び、そして自分のやりたいことは後悔せずにやったほうがいいと思う貴重な機会でした。

 

社会人生活の間に台湾旅行へ妹と行きました。

 

 

 

フリーター生活、そして現在 ~やりたいことを模索してきた一年~

 

大学3年の頃に悪い先輩方(もちろん尊敬しています)からギャンブルを教え込まれギャンブルにハマる

母子家庭で、生活費の一部を工面する。

 

様々な要因から、負債を抱えるようになりました。

 

フリーターになってからの一年間はこの負債の返済に追われていました。

 

 

そして、母とお金のことで日々言い争いになり、別居。

一人暮らしを始めることになりました。

 

そんな一人暮らしもしばらく経ち、現在に至ります。

 

 

 

◆挫折の連続の人生◆

 

自身の26年間の人生を振り返ってみると、様々な挫折と直面してきた人生だと思います。

幼少期から高校までにかけては、不自由なく暮らしてきました。

 

これは両親のおかげだと思っています。

強いて言えば、サッカーでレギュラーになれなかったことでしょうか。

 

今でも中高時代のサッカー部の夢を見る事があります。

 

 

 

しかし、両親が離婚して以降、わいには数々の困難と挫折がありました。

 

大学受験失敗、失恋、就職した会社を一年で退職。

 

 

挫折から学んだことはありますが、考えてみたら、自分で何か達成いしたとはほとんどありませんでした。

 

基本的には親に言われたことをやる。

 

中学受験の時はまあ、自分自身の頑張りもあったとは感じていますが、親に言われた

通りこなしただけ。

 

 

自分でこうなりたいとかこうやっていきたいと目標を立ててそれを達成した

ことはほぼありません。

 

なので、今後は自分の力で人生をより良いものにしていけるよう、考えて努力していくことを目標にしています。

 

ブログはそのきっかけの一つになっていくと思います。

 

 

 

◆このブログについて◆ 

 

 

ブログ開設のきっかけはあるブログとの出会いでした。

あんちゃさんの「まじまじぱーてぃー」です。

 

 

www.mazimazi-party.com

 

 

ブログ記事が面白いというのもありますが、何より自分のやりたいことを全力でやっている姿にとても感銘を受けたからです。

 

 

自分のやりたいことをもう一度考え直す機会がありましたし、自分の言葉で何かを発信する魅力に気づきました。

 

ブログ開設の理由はそんな感じです。

 

 

 

くろやんワールドってどんなブログや?

 

ざっくり言うといろんな事書いていきます。

ただ、一つのテーマとして「楽しく生きていく、自分のやりたいことをやろう」というスローガンを掲げたいと思います。

 

 

未熟者のわいが「人生はこうであるべき!」とか「成功に必要な要素」を語ることは出来ません。常に人生に不安を感じながら生きています。

 

不安を感じるときはとにかくなんでもいいから行動して、行動して、不安な気持ちを抱くスキを与えさせないようにすることが一番だと感じています。

 

こんな事して良かったなとか、こんなことしたら自信がついたよ、だったり

これがオススメ!など読者のみなさんと一緒に共感できたり、成長しあえるような雑記を書いていくと思います。

 

 

もちろん皆さんに有益な情報を提供したいと思っているので、自分が精通していると感じている分野に関してはどんどん情報を発信していきたいと思います。

 

 

記事のテイストは基本ふざけた感じでいきたいと思います。

 

 

真面目につらつら書くのもいいですが、ふざけた感じが自分に一番合っていると思うからです。

 

もちろん、真面目なところは真面目にいきます。

 

 

見て良かったといわれるブログを目指して

 

読者のターゲット層を設けるつもりはありません。

ただ、記事の内容は10代~30代までの若者向けになることが多いです。

 

ただ、どの世代の方が見ても何かしら心に残る記事を一つでも多く書いていきます。

 

 

わいには大きな夢が3つあります

 

・世界一周

・億万長者になる

・尊敬される人間になる

 

ブログ内でもこの3つの夢に関連した記事を書くことがあります。

人それぞれ抱いている夢は違えど、夢を追いかけている人の姿にあこがれます。

 

前向きに夢に向かっていく姿を発信して、みなさんの心を動かしていきたいです。

 

 

 

 

◆さいごに◆

 

少しでも当ブログを気に入っていただけたなら皆さんのお気に入りフォルダにいれていただくか、皆さんのブログで紹介していただければ幸いです。

 

このブログのほかにSNSとしてtwitterをやっています。

 

 

twitter: @kuroyanworld

 

 

日常のつぶやきなど、ブログと比べて毎日頻繁に更新していくので、よろしければフォローお願いします。

 

 

それでは、くろやんワールドをどうぞ、お楽しみください!