くろやん☆ワールド

「人生を楽しく!やりたいことをやろう」そんな人のためのブログ

初めての海外一人旅に香港がオススメである3つの理由

どーも、旅行代理店に勤めていたことがあるくろやんです。

世界一周が夢の一つで、様々な場所にとにかく行ってみたいと常日頃思っています。

 

皆さんも海外旅行には少しは興味があると思います。

その中でも、醍醐味の一つは海外一人旅だと思います。

 

 

一人旅の魅力は何といっても自由なところ。

同行者の予定に振り回されることなく、行きたいところに自由に行けますよね。

 

 

そんな海外一人旅に興味を持ったアナタァ!

オススメの場所、ありまっせ

 

 

 

 

 

 

香港です

 

 

f:id:suwajiland:20170413121356j:plain

 

 

百万ドルの夜景、グルメ、二階建てトラム、香港映画などで知られる香港ですが、魅力は数知れずです。

わいが初めて海外一人旅で訪れた国もここ香港でした。

 

そして一瞬にして虜になってしまいました。

初めての一人旅をどこでしてみようと思っている人にはぜひ香港に行ってもらいたいですね。

 

香港をオススメする理由をお伝えします。

 

 

①立地がよく、行きやすい

 

初めての一人旅に焦点を充てているので、難易度は低めに設定しています。

もちろん初めからアメリカ大陸横断とか欧州周遊でも全く問題ないです。

(というかそれはうらやましい。やりたい、このあたりの魅力は今後自分で行って伝えたい・・・)

 

香港は東アジアなので、韓国・台湾のように気軽に行けます。時差も1時間です。

フライト時間は約5時間。羽田・成田どちらからも直行便が出ています。

 

沖縄よりも南に位置しているので、気候は温暖で、今の時期でも半袖で基本問題ないレベルです。なので荷物が少なくて済みます。

 

手頃に一人旅、という意味では学生に限らず、社会人の方や忙しい方も問題なく行けると思います。

 

社会人の方にオススメなのが全日空の週末深夜便です。

羽田から土曜の深夜0時55分発の便があり、金曜日の仕事終わりからそのまますぐに飛び立つことができます。

帰りも現地時間月曜日の0時50分発の便があり、羽田に5時55分着という便がありますので、週末だけで香港を満喫することができます。

 

 

まあ、月曜はいわゆるエクストリーム出社になりますが、機内で寝られる人はあまり問題ないかとは思います。(自信がなければ月曜だけ有休を取りましょう)

 

ほかにも、LCCなどが就航しており、様々な時間帯とルートが選べるのも魅力の一つです。

 

 

 

 

 

②難易度がそこそこ高い

 

行きやすさに関しては香港は難易度が低い部類に入りますが、問題は滞在中の難易度です。

 

韓国、台湾が人気観光スポットである理由の一つに、街中で日本語がよく通じるというものがあります。

もちろん、海外は言葉の壁が存在するので、そういった壁が少しでも取り除かれればストレス無しで観光は楽しめます。

 

 

ただ、そんな難易度の低い一人旅は、一人旅をしたという実感が湧かない思います。

いろんなトラブルを解決しながら自分の理想の旅を追い求めていくのが一人旅だとわいは思います。

 

 

 

香港の人は日本語あんまり話せません。

繁華街でも話せる人ほとんど見かけませんでした。

 

広東語と英語が公用語なので、コミュニケーションを図るにはこの2つの言語のどちらかを話さないといけません。

 

 

広東語はさすがに難易度が高いですが、英語も通じるということで、英語の勉強にもなります。

英語を使って旅行に行く度に、もっと英語を勉強せんとなあと思っています。

 

 

 

あと、香港に関していうと、もちろん代表的な観光地はありますが、メジャーなガイドブックに書かれていない(もしくはちょろっとしか書かれていない)スポットにもいっぱい魅力があります。

 

人それぞれ感じる魅力に違いはあると思いますけどね。

 

 

 

 

 

これは香港でわいが撮った写真の一つです。

 

 

f:id:suwajiland:20170413134910j:plain

 

 

 

香港のとある集合住宅の玄関前です。

わいはこういう現地の人のありふれた生活感のある風景が好きだったりします。

 

そして香港にはなぜかSFチックなところがあってとても気に入ってます。

かつて香港には九龍城砦というスラム街があったんですが、一度入ったら出てこれないのではないかと思うほどの異様な雰囲気が本当に大好きです。

 

残念ながら今は取り壊されて跡地は公園になっていますが、当時の雰囲気は周辺の残っている建物からなんとなくわかります。

 

もちろん、この写真を撮るためにいろんな建物に入りました。(あんまり深く入ると家宅侵入罪になりますよー!!)

こんな探検みたいな旅も一人旅の魅力だと思います。

 

 

つまり、ガイドブックにも載っていない場所にもさまざまな魅力が香港にはあり、

それを探すのに、自らの足を使って探検しないといけないというところが難易度を引き上げている要因なのです。

 

 

 

 

f:id:suwajiland:20170413140310j:plain

↑ 

ザ・香港ともいえる密集した横看板も裏路地のほうが趣があって良い

 

 

 

 

f:id:suwajiland:20170413140459j:plain

地元の露店があつまる場所。後ろには香港の金融街のビル群。

こんなテクノっぽい写真もひたすらあるいて撮った写真である

 

 

 

注)香港マフィアのすみかっぽいところあるのでガチで注意!

 

 

 

 

③香港はとにかく熱い!

 

気候のことではありません。確かに暖かいけど。

 

 

世界都市力ランキングでは香港は世界第7位にランク付けされています。

※森記念財団 都市戦略研究所より

 

 

香港は国際的な金融都市であり、金融関係の会社がとにかく多いです。

もちろん、古くから国際港湾都市として栄えてきたので、貿易業や造船業も盛んです。

 

東京やソウルも経済力という部分では香港にまったく引けは取りませんが、限られた土地で密集された空間にオフィスが乱立している香港は、世界経済の流れを直に受け取れる場所だと思っています。

 

もちろん、人口密度もかなり高く、道行くお店の店員も商魂たくましい人ばかりです。

 

 

海外を拠点に働いてみたいと思っているわいにとって、最初の拠点として選ぶとしたら間違いなく香港を選びます。

 

 

刺激を得たい、世界経済の流れを間近で感じたいという人はぴったりの場所、それが香港です。

 

 

 

 

 

以上が、初めての一人旅で香港をオススメする理由になります。

 

 

 

本来ならモデルツアーとか、ここには行っとけなどの紹介をするのが常道だと思いますが、一人旅に絞っていますので、どうぞご自由に香港を満喫してみてください。

 

 

 

旅行会社に勤めていたのに、こんな紹介もいかがなものか・・・

 

おわり