読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろやん☆ワールド

「人生を楽しく!やりたいことをやろう」そんな人のためのブログ

ドイツの風俗「FKK」は人生の楽園?!ホテル代わりに一晩を過ごした時の話

どーも、旅行大好きブロガーのくろやんです。

 

去年の5月、ドイツに行きました。

 

 

f:id:suwajiland:20170428160725j:plain

 

 

 

f:id:suwajiland:20170428160900j:plain

 

 

 

メインはサッカー観戦と観光。

ドイツの鉄道に乗って主にドイツの南部を周遊する旅行でした。

 

ドイツ旅行のお話はまた次回書くことにして、今回はドイツの風俗「FKK」にて一晩過ごした貴重な体験談をお話したいと思います。

 

 

海外の風俗事情に興味がある方必見です。

 

 

 

 

 

 風俗店で泊まることになった経緯

 

ドイツではデュッセルドルフで宿を取っていました。

成田から全日空の直行便で12時間ほど、日系の企業も多く、日本人が住んでいる割合も比較的多い場所です。

 

f:id:suwajiland:20170428160441j:plain

ライン川沿いのバーカウンター。デュッセルドルフには世界一長いバーカウンターがある

 

 

 

 

 

メインの一つであるサッカー観戦は5日目。場所は名門バイエルンミュンヘンの本拠地ミュンヘン

 

 

デュッセルドルフミュンヘン、地理関係を表すとこうです。

 

f:id:suwajiland:20170428154401p:plain

 

 

ドイツの新幹線ICEなど利用して4時間ほど、距離にして600キロほど離れています。

 

サッカーの試合が終わるのは夕方過ぎ、しかも最終節の優勝セレモニー付き。

なのでスタジアムを出たのは20時過ぎで、休日のドイツの電車は早く終わるので宿泊先のデュッセルドルフには帰れません。

 

 

f:id:suwajiland:20170428162121j:plain

 ↑ バイエルンミュンヘンの優勝セレモニー 最the高な瞬間

 

 

f:id:suwajiland:20170428162332j:plain

 ↑ セレモニーに観客乱入。どさぐさに紛れて参加したかったが屈強なガードマンに跳ね返された

 

 

 

 

もちろん、ミュンヘンにてホテルを1泊予約すれば良いことなんですがね。

ただ、どうせ一晩だけ夜を明かすのならばバーに行ってみるか、なんか面白いナイトスポットを巡ってみようという話になり、その時に同行者の一人が・・

 

 

せっかくならドイツの FKKに泊まろうぜ!と提案。

 

 

そしてまさかのFKKで夜を明かすことになります。

 

 

 

 

 

FKKってなんぞ?

 

FKKは「エフカーカー」と読みます。

簡単に言うと日本で言うソープのような場所です。風俗店であり決して宿ではありません。

 

システムとしては日本の健康ランドのように、入場料を支払い、サウナやお風呂に浸かりながらその施設内にいる女性とお話しして、色々交渉をしてお金を個人的に払ってヤるといった感じ。

 

施設内にはバーやDVDルームなどもあり、24時間営業をしているお店もあるのでゆっくり滞在できるのが特徴。ヤラないといけないというルールはありません。

 

 

 

入場料は50~60ユーロ。女性とヤルのであれば一人あたり50ユーロを個別で支払い。

オプションを付けるのであれば別途料金が加算されます。

 

50ユーロは今のレートだと6000円ほどなので、ヤればヤるほどお得な価格設定になっています。もちろん体力が持てばの話ですが

 

そんなコスパも良いうえに、移民や出稼ぎが多いドイツには東欧やロシア出身の金髪美女がたくさんいます。

 

 

 

簡単に言うと最the高まさに男にとって人生の楽園みたいな場所。

 

そういった女性との夜の営みを目的に世界中からあらゆる男がやってきます。

 

 

宿替わりにFKKを利用するということはないでしょう。通常は。

 

 

 

 

そんなFKKを宿替わりに利用した

 

サッカー観戦が終わり、ご飯を食べ一行が向かったのはミュンヘン市内にあるFKK「sunshine」

 

 

 

街の中心部から離れており、地下鉄を乗り継ぎながら移動した先の住宅街の一角にそのお店はありました。

 

 

中心地から離れると夜は人気もなく、かなり物騒。

 

こんなところ屈強なドイツ人に絡まれたら死を覚悟します。

 

 

そして住宅街の中にポツンとネオンサインのついた建物を発見。

ここだけ雰囲気が違うので一目でわかりました。

 

 

 

 

海外の風俗は初・・・

英語もわからないし、かつて新宿歌舞伎町で30万ぼったくられたことがあるわいにとっては若干の不安と恐怖が入り混じってました。

 

 

 

 

意を決して・・・

 

f:id:suwajiland:20170428153730j:plain

 

 

 

 

 

インターホンを鳴らす・・・

 

 

 

 

 

f:id:suwajiland:20170428153848j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:suwajiland:20170428153928j:plain

 

 

 

金髪美女「Hi💛」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:suwajiland:20170428154029j:plain

 

いきなり全裸金髪美女登場。

 

 

最初は受付のボーイが出てくるものだと思っていたわいは完全に度肝を抜かれてしまいました。

 

入口で入浴料の60ユーロを支払いタオルを巻き入場。

そこらじゅうに全裸・トップレスの女性がいました。

 

来場している男はヨーロッパ系がほとんどでしたが、ちょくちょくアジア系の男もいました。

 

 

sunshineはミュンヘンでも一番人気のFKKで、建物の中は広く、在籍している女性も多いため、とても賑やかでした。

バーやDVDルーム、なんかよくわからない場所に置かれている仏像の顔、色んな場所に女性がいます。移動はもちろん自由なので飽きることはありません。

 

 

 

そんなわいは来場してすぐ、ソファーのあるDVDルームに移動。

 

 

 

 

ひたすらサッカーの試合を観ていました。

 

 

 

 

f:id:suwajiland:20170428154944j:plain

 

 

特にヤリたくなかったのと、サッカー観戦ではしゃぎすぎて体力がなかったのが理由です。

旅費も無かった(そもそもドイツ旅行自体が借金をしての旅行)のと、英語でコミュニケーションを取る自信も無かったので、とりあえず朝まで何もせず休めれば良かったのです。

 

 

 

 FKKに在籍している女性はもちろん歩合制の給与体系のため、向こうから声をかけてくることがあります。

 

「こんばんは」

「どこ出身なの?」

「ドイツへは観光?どこに行ってきたの?」

 

 

アジア人にわかりやすくゆっくりな英語で話しかけてきます。

わいは英語がまだ話せないのでそういった会話も長くは続かないですが、色々話していく間に

 

「ねえ、私と楽しいことしない?」と誘ってきます。

 

これに乗れば別室でのイチャイチャタイムが始まるわけです。

 

しかしわいは一貫して「sorry I have no money」と定番の断り文句を言って

ひたすらサッカーを観続けていました。

 

 

すると向こうからは・・・・

 

 

f:id:suwajiland:20170428154048j:plain

 

 

金髪美女「No funny・・・」

 

 

 

こんな感じでうまく返されます。おそら常套句なのでしょう。

 

 

イタリア人男性に君は何人の女性と遊んだんだい?と聞かれ、0人と答えたら・・・

 

イタリア男「あ~ん?冗談だろハハハ!!日本人はクレイジーだね。ここに何しに来たんだい?」

 

 とバカにされました。

 

 

 

まあ、本来そういう場所ですからね。

傍から見ると、なんでこんなところまで来てひたすらサッカー観てるんだと思われていたと思います。

 

 

 

 

ここを寝床として利用したかったんですが、あくまでもここは風俗店。

ソファーで横になったら、オリバーカーンみたいなのがやってきて注意されました。

 

 

 

f:id:suwajiland:20170428155125j:plain

 「ここは寝る場所じゃねえ!」

 

 

 

結局、明け方の始発電車が走り出すあたりの時間にお店を後にしました。

 

 

 

 

まとめ

 

とりあえず、FKKは風俗店なので寝る場所として利用はしないほうがいいです。

(ったりめーだ)

 

本来の利用目的としてならFKKは最高の場所だと思います。

詳しくはFKK専用サイトを見るか、他のブログの体験記を見ることをオススメします。

 

 

今度お金に余裕があって、英語が話せるようになったらもう一度行ってみようかな・・・

 

 

参考サイト

FKK「sunshine」

FKK Sunshine - Der Nachtclub in München